--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.19

けがは忘れたころにやって来る

Category: 怪我


電話で母とやりとりをすることが多くなりました。



「マーレは元気?」


「ラムはどう?」



ラムは、食欲が落ちてきていて、その時は大好きな魚も口にしなくなっていました。
会ったときはほぼ絶食状態に近かったのですが、
何年ぶりかに家族で「すき焼き」をしたら、その匂いにものすごく反応したんです・・!
(実家は肉を食べない家で、この反応にはみんなが驚いてました。)




急いで弟がスーパーに肉を買いに行って、それ以来、
毎日お肉を食べているようです。






IMG_3942.jpg


マーレ、実家にしばらくいた時に
いつもの散歩のようにはいかなかったので、
帰ってきて、それはもう(笑)今までの分を取り戻すかのように遊んでいたんですが、


久々に走ったせいもあってか初夏以来、何もなかった「狼爪」を傷めてしまいました。




今回は
出血して爪が取れるほどのダメージではなく
動物病院へは行ってはいないのですが、

片方の爪はまっすぐ生えて、けがの方は横向きに・・爪の生え際はかさぶたができているというような状態。



IMG_3964.jpg


爪のお手入れもいつもみたいに毎日できなかったし、
一週間ほどそのままだったから、多少のびてしまっていたことも原因かもしれません。




帰ってきて、すぐ見てあげればよかったことなのだけれど、、


 うっかりでした。






IMG_3912.jpg


狼爪はけがしてしまう度に出血も少しずつ減って、だんだん強くなってきている気はしますが、
これを機会にさらにケアを見直すことにしました。





「マーレ、しばらくは毎日様子をみていくわよ!」













1日ワンクリック! よろしくどうぞ


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Comment:1  Trackback:0
2013
12.18

尊いいのち

Category: 大阪で。



先週末のこと。

実は、旦那の休みにあわせて、またまたわたし、実家帰りをしていました。
今回はマーレをおいて・・






理由は
うちの長男が結婚するから!(喜)


弟が新しいお嫁さんになる人を家に連れてきたのです。




(お嫁さんは、可愛らしくて、マイペースで気の優しい長男にぴったりという感じの雰囲気で
二人ともお似合いでした・・)





みんなで鍋を囲んで、婚約者のお嬢さんを大歓迎!!




(ちなみにマーレはこの日、三重でずっとパパと一緒でした)










行きの電車。


母から電話があって、急いでかけつけたあの時とはうって変わって、


時間の流れはおだやかでした。


14さいまで生きながらえた愛くるしいラムちゃん。
これでほんとうにお別れをいわなければならないんだろうな。。











・・・様々な思い出がよみがえってきました。


結婚して家をでて行くことで、
本当に、大事なときにラムのそばにいてあげられないって事を前々からずっと覚悟してきました。



それでも
ラムが緊急で病院にかかった忘れもしないあの日、



愛犬の命の尊さを胸が痛くなるほど思い知らされたんですよね。














はじめて犬を飼ったのは
思春期真っ只中の高校生。

反抗期の最中、なぜか父と意気投合してペットショップで出会ったわんこ。


そのこは、もう    体も子犬サイズとはいえないほど成長して、
狭いゲージの中でずっとこちらの様子をみていました。


全身が灰色の、不思議な雰囲気をもったワイマラナー。



犬を飼うなんて、全く考えもしなかった若かりし頃。
父とわたしは一瞬にしてこの犬の放つ魅力の虜となっていたのです。





あの時、「ラム」を迎えていなければ・・一体今、家族はどうなっていたのかな・・。



それくらい、犬と生活することで、
どれだけみんなが「癒し」をもらっていたか。

「ラムは5番目のこどもだな~」と父はよく言っていましたっけ(笑)









人でいう、子宮内膜症の病気が原因で、ずっと出血が止まらなかったラム。

それで今年3月に「子宮・卵巣の摘出手術」を内視鏡で行ってもらい、
そのときに検査で発見された、肺にあったできものが・・、




まさか。



それが
こんなにも悪さをして、苦しめるなんて。








わたしたちは思いもしなかったのです。















にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村


ラムは6年ほど前から脊椎を患っていて、人の介助がなければまともに歩行することができません。
・・歩けるうちにいっぱい大好きな散歩にいってあげたかったなー。

そんな思いもあって・・
マーレのさんぽ時間がついつい長くなってしまうのかな。








Comment:0  Trackback:0
2013
12.16

ただいま! ~きっかけは母からの電話~

Category: 大阪で。









こんばんは!







やっと・・

やっとのブログ更新。







実家で飼っていた犬の最期を看取る為、
マーレと共に大阪へ帰り、みなさんとはしばらくご無沙汰をしておりましたが、

これから
みなさんの記事をチェックしながら、すこしづつでも
かいていけたら・・と思います。





きっかけは実家の母の電話でした。
母が電話のむこうで泣きながら、


「・・もうラムが・・」


「・・きこえる・・?」


携帯の向こうからはラムのおかしな鳴き声がきこえてきました。








もう最期なんだ。








そう思ってから、わたしは急いで支度をして、
まず、電車に乗るためにマーレとホームセンターへ「クレート」を買いに走りました。









この数週間、悲しいこともあれば、

うれしい事もありました。








もうお嫁に出てったのだから、
実家に何日もい続けるなんて・・・!
実際、こんなことは「最初で最後のこと」だったのかもしれない。



旦那ののりちゃんにはありがとうとごめんなさいの気持ちでいっぱいです。

そして、

マーレ。


実家の家族にとっても可愛がられながら、
おいしいものも、たくさん食べて・・
一見、極楽気分のように思えるけど、


わたしはラムのことであたまがいっぱいだったから、

本当は
マーレ自身、さびしいおもいをいっぱいさせたんだと思います。








数日間、実家で家族と過ごせたこと、

奇跡がおこったこと、

ラムとの日々・・


とても素晴らしい毎日でした。







「犬を飼う」ことで、こんなにも皆が一丸となるなんて・・
そして看病・介護ができるなんて・・








今までは
決してみえる事のなかった「家族の力」


そんなものにも気づかされました。










大切なことを学ばせてもらった数日間。



いろんな人に「ありがとう」と伝えたい。















1日ワンクリック! よろしくどうぞ

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村






ラムと家族は今もいっしょにすごしています。

心配して連絡をくださった方々、励ましてくださった方々・・なかなか「ただいま」をいえなくて、

ごめんなさい。






気持ちの切り替えって大事ですね








Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。